柔道整復師とは | 整体師資格を取得するならフィア整体アカデミー|東京で整体学校をお探しなら、「ソフィア整体アカデミー」へ。一流のプロ講師があなたを整体資格取得へと導きます!

ニーズに合った科目から選べる!専門的にしっかり学べる!

柔道整復師と整体師の違いとは

柔道整復師とは

柔道整復師とは

柔道整復師は国家資格を取得しなければできない職業で、柔道整復師という資格を取得するためには、厚生労働省から認可された専門学校、もしくは文部科学省から認可された大学で、3年以上勉強することで資格を取得することができます。

勉強分野は、解剖学・生理学・運動学・病理学・公衆衛生学・衛生学などの基礎医学から、脱臼の検査方法やテーピングなどの技術などを学び、国家試験に合格すると柔道整復師となります。
柔道整復師になったあとは、病院や整形外科、整骨院や接骨院などのクリニックに勤め、そこで経験を積んで開業することも可能です。

また、高齢者介護施設やリハビリ訪問医、スポーツトレーナーとして働けるため、クリニックからトレーナーまで幅広い分野で活躍することができるのが柔道整体師となります。

柔道整復師と整体師の違いとは

柔道整復師と整体師は、同じように分類されてしまうことがあります。
どちらも「整」という字が含まれているので、体を整えることや回復させることには変わりありませんが、大きな違いとしては柔道整復師が国家資格、整体師は民間資格という点が挙げられます。

先ほどもありましたが、柔道整復師は認可された学校で3年以上の勉強をしなければなりませんが、整体師は専門学校や独学で学んで資格を取得することができます。
また、柔道整復師は患部に直接治療することができますが、整体師は治療することができないのも大きな違いと言えるでしょう。

例えば脱臼や骨折、打撲、捻挫などの急性の症状に対応できるのが柔道整復師で、整体師は骨盤矯正やギックリ腰などの腰痛を取り除くことに加え、カイロプラクティックができます。
また、柔道整復師は保険適応の診察となりますが、整体師は保険適応外の診察です。
体の不調や痛みなどを取り除くといった面では同じになりますが、実際には違う部分が多くあることが分かります。

営業時間 12:00~21:00

tel.03-6661-8077

  • 体験スクール案内
  • お問い合わせ・資料請求

ソフィア整体アカデミー

ページの先頭へ