本物の整体学校|東京で整体学校をお探しなら、「ソフィア整体アカデミー」へ。一流のプロ講師があなたを整体資格取得へと導きます!

ニーズに合った科目から選べる!専門的にしっかり学べる!

本物の整体技術の基本とは?

力を使わない

指や腕や肩や腰に力を入れず、体重心だけで圧を加える練習をしましょう。
上半身の力を抜いてリラックスして、足腰でしっかりと自分を支えて行います。
親指の形、親指や他の四本指や手の平の置き方、圧の方向を体得する指先の感覚、視線、呼吸などが大切です。


━━ ソフィア整体アカデミーでは、整体が上手くなるコツをお教えしています━━━


1.力の要らない押圧法

小さく体重の軽い女性でもしっかり圧をかけて押せるように、武道の理論を応用して、力を使わず、体重をかけない押圧法を指導しています。


2.「押し」よりも3倍大事な「抜き」の技術
多くの整体師は、押す時だけにしか気を使いませんが、実は抜く(離す)時の方が大事なのです。


3.気持ちよさを3倍にするリズムの法則
同じ施術をやっていても、リズムの法則を知っているか知らないかで大きく違ってきます。


4.きかせる母指押圧法
ソフィア整体アカデミー学院長が開発した母指λ(ラムダ)押圧法・3方向押圧法で押圧すると、それほど強く押さなくても、きかせることができます。


5.3分の1の力で施術する方法
推拿(すいな)のばっ法で施術すると、通常の母指押圧の3分の1の力で済むと言われています。
また、母指押圧よりも気持ち良さを与えることができます。
ばっ法はソフトな施術とハードな施術を使い分けることができますが、ハードと言っても、ゴリゴリと揉む施術法ではなく、揉み返しを起こすことはありません。
※ばっ法は整体師の先生によって多少の違いがあり、「美手(ヴィッシュ)」や「母指輪転じゅうねつ法」や「ずり圧」などと呼称されている整体師の先生もおられます。

指の感覚を鍛える

6.適した圧の入れ方
三者三様それぞれの患者さんに、適切な圧が入れられる技術は、ぜひとも必要です。
ソフィア整体アカデミーでは、初心者の方にも分かりやすく指導しています。

7.痛みを与えず、もみ返しを起こさない母指押圧法

親指で強く押しても、不快な痛みを与えず、もみ返しを起こさせない押圧法は、一流の整体師なら身に付いているのですが、勘と経験で身につけた押圧法なので、なかなか初心者に教えられないようです。
ソフィア整体アカデミーでは、初心者にも分かりやすく指導しています。


8.硬結を探す

「強く押す」という本当の意味は、力や体重を使って本当に強く押すという意味ではなく、硬結を普通に押すという意味なのです。

体を使う

9.最初に安心感と信頼感を与える方法
施術の最初に、安心感と信頼感を与えることができると、その後の施術に大きく影響します。 

10.十分な圧を入れても、指を痛めない母指押圧法
ソフィア整体アカデミーでは、十分な圧を入れても親指を痛めない母指押圧法は、最も重要な基礎的技術と考えています。
力を使わないこと、体を使うこと、感覚を鍛えることが大事なポイントです。

営業時間 12:00~21:00

tel.03-6661-8077

  • 体験スクール案内
  • お問い合わせ・資料請求

ソフィア整体アカデミー

ページの先頭へ