整体とマッサージの違い | 整体学校・整体スクールをお探しならソフィア整体アカデミー|東京で整体学校をお探しなら、「ソフィア整体アカデミー」へ。一流のプロ講師があなたを整体資格取得へと導きます!

ニーズに合った科目から選べる!専門的にしっかり学べる!

整体師とマッサージ師の違い

整体とマッサージの違い

整体もマッサージも、どちらも西洋医学ではなかなか改善しないという場合に使われる方法ですが、整体とマッサージにはどんな違いがあるのでしょうか。
違いについて詳しく解説していきます。

資格の違い

整体とマッサージには、施術に必要な資格の有無などに大きな違いがあります。
整体師は特別な資格が不要で、マッサージをおこなうあん摩マッサージ指圧師は国家資格であるという点が大きな違いです。

整体は国家資格など特別な資格がいらないため、独学で学び、整体師を名乗って開業しても今の日本では法的に問題ありません。
しかし、あん摩マッサージ師は、3年制のマッサージ師養成学校を卒業し、国家試験に合格してはじめてマッサージや指圧をおこなうことができる国家資格なので、この点で大きく違いがあるといえます。
日本では、整体師は残念ながら国家資格にはなっていませんが、中国の推拿(すいな)やアメリカのカイロプラクティック、オステオパシー、リフレクソロジーと多少の違いがあるものの、それらに通ずる技術や知識がなければ患者さんに施術してもトラブルになってしまうことも十分にあり得ます。
したがって、整体の専門学校で医学や解剖学について学び、整体と医学の類似点や違いを知ってから仕事に就くのが理想的です。

施術法の違い

整体とマッサージの違いは、体にどうやってアプローチしていくかという根本的な部分において施術法にも大きな違いがあります。

まず、整体は整体師が手などを用いて、患者さんの骨盤、骨、関節、筋肉・筋膜にアプローチすることで、体全体のゆがみやずれを根本的に改善し、人間が本来持つ自然治癒力を高めることを期待し、体の痛みや不調を改善していく施術法になります。

一方、マッサージは、あん摩マッサージ師が痛みの出ている筋肉や部位を手足で揉む、さする、押すという施術法で、血液やリンパ液の流れを良くすることで、肩こりや腰痛などを改善していくので、施術法にも特徴的な違いがあります。
『整体セラピストになるには』前へ ⇔ 次へ『整体学校の費用』

営業時間 12:00~21:00

tel.03-6661-8077

  • 体験スクール案内
  • お問い合わせ・資料請求

ソフィア整体アカデミー

ページの先頭へ